お役立ち

ぬいぐるみを手洗いする方法は?やさしく洗ってキレイにしよう

投稿日:2017年12月31日 更新日:

前の記事>>>【ぬいぐるみって洗えるの?大切なぬいぐるみをキレイにしたい!】

ぬいぐるみの洗い方は?

手洗いする場合

準備するもの

・ぬいぐるみが入る大きさの容器(バケツや洗面器など、浴槽や洗面台でもOK)

・おしゃれ着用中性洗剤

・柔軟剤

・液体酸素系漂白剤 または シミ用の部分洗い剤

・タオル

・洗濯ネット(ぬいぐるみが入るサイズのもの)

・ブラシ(毛先がやわらかいタイプのもの)

<スポンサーリンク>


①容器にお湯を張り洗剤を混ぜる

ぬいぐるみが入る大きさの容器を準備し、おしゃれ着用中性洗剤を溶かします。容器がない場合や、大きいサイズのぬいぐるみを洗う場合は浴槽などを活用しましょう。

洗剤の量は、お湯4Lに対して洗剤10mLを溶かしてください。洗剤のキャップで分量を計りましょう。

水を使うよりお湯を使った方が汚れが落ちやすくなります。お湯の温度は少しぬるめ程度で大丈夫です。

②押し洗いする

ぬいぐるみを容器に浸して、毛並みを傷めないようにやさしく押し洗いしましょう。

汚れは目立つ部分は、つまみ洗いする、もしくはブラシで軽くこすって汚れを落としましょう。それでも落ちない場合は、洗剤の原液をつけてから、やさしくたたき洗いしてください。

シミがある部分は「液体酸素系漂白剤」「シミ用の部分洗い剤」をつけて洗いましょう。

毛先が長いものはブラシを使ってやさしくブラッシングするようにして汚れを落としてください。

③すすぎ洗いする

ぬいぐるみを軽く絞ってから、容器にキレイな水を溜めてすすぎを行います。押し洗いの時と同じように押し洗いするようにすすぎましょう。2~3回水を取り替えてすすいてください。

この時、すすぎが不十分だとぬいぐるみに洗剤が残ってしまい、変色やカビ、ニオイの原因となるので、しっかりとすすいでください。

④容器に柔軟剤を入れてぬいぐるみを浸ける

すすぎが終わったら、仕上げに柔軟剤を使います。柔軟剤を使うとぬいぐるみがふわふわに仕上がります。

容器にお湯か水を張り、柔軟剤を溶かしてからぬいぐるみを20~30分浸けておきましょう。

⑤脱水する

柔軟剤に浸け終わったら、ぬいぐるみを脱水していきます。軽く手で水を絞ったらタオルで包んで洗濯ネットに入れ、洗濯機で10秒ほど脱水しましょう。脱水しすぎると、洗濯ネットに入れていても型くずれやシワの原因となりますので注意してください。

また、縫い目が弱そうなものは、洗濯機で脱水すると縫い目が裂けてしまう恐れがあるため、洗濯機の使用は避け、タオルでしっかり水気を切るようにすると安心です。

⑥ブラッシングする

ぬいぐるみの脱水が終わったら、ブラッシングを行いましょう。毛の流れと逆にブラッシングを行う事で、毛足が起きてしっかり乾かす事ができ、ふわふわに仕上がります。

⑦干す

ぬいぐるみを風通しの良い場所で陰干して、しっかり乾かしましょう。直射日光に当てると変色の恐れがあるので注意してください。

ぬいぐるみを洗濯バサミでつまんで干すと、型がついてしまうので、洗濯ネットにぬいぐるみを入れて、ネットをつまんで干すと良いでしょう。

また、洗濯ネットをハンモックのようにして、ぬいぐるみを上に置いて干す方法もありますが、風で飛ばされないように注意しましょう。

 

次の記事>>>【ぬいぐるみを洗濯機で洗う方法は?簡単に早く洗おう!】

前の記事>>>【ぬいぐるみって洗えるの?大切なぬいぐるみをキレイにしたい!】

 

<スポンサーリンク>


-お役立ち

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

集中力は食事で劇的に変わる!集中するための方法を紹介!

集中力は普段の生活の色々な要素が影響します。ものすごく集中出来る時もあれば、まったくやる気すら起きない時など様々です。 集中力が最高の状態を常に保つことは出来ませんが、できるだけ高い状態を必要な時にも …

おせち料理の由来とは?重箱を使うのにも理由がある

お正月に食べるものと言えば「おせち料理」ですよね。 昔からなんとなくお正月に食べるものとして認識されていますが、おせち料理の由来や意味、重箱を使う理由を、しっかりと理解している人は少ないのではないでし …

こたつ布団を自宅で洗う方法。足踏み洗いでキレイにしよう!

前の記事>>>【こたつ布団って自宅で洗える?洗う前の5つの前準備とは?】 足踏み洗いする場合 洗濯機にこたつ布団が入らない場合は、お風呂の浴槽で洗いましょう。 準備するもの ・洗剤( …

眠気覚ましに効果がある食べ物・飲み物5つを紹介!

仕事中や車の運転中など、寝てはいけない場面で眠気に襲われた経験をしたことはありますか? 車の運転中に間違って寝てしまうと、大きな事故につながってしまう恐れもあり大変危険ですよね。しかし、車の運転中だと …

セラミックフライパンを長く使うための6つのコツを紹介!

白くてスタイリッシュなセラミックフライパン、見た目もなんだかカッコイイし、「焦げ付かない」、「こびりつかない」、「長く使える」と色々便利な代物ですよね! しかし、このスタイリッシュで便利なセラミックフ …